新型コロナウイルスに対する、市販の消毒液や洗剤の不活化効果について

新型コロナウイルスに対する、市販の消毒液や洗剤の不活化効果について

新型コロナウイルスを不活化できる市販の消毒液や洗剤について、国内での研究結果が報告されましたので紹介したいと思います。

実験方法

100万コピーウイルスRNA/uLのウイルス液3uLと各種消毒液等を27uL混合し、その後希釈し、培養で良く使用される細胞へ投与。0,3,6日目にウイルス量をリアルタイムRT-PCRによって計測。細胞障害がなく、リアルタイムRT-PCRでウイルスRNAが検出されなかった場合、「ウイルス不活化効果あり」と判定しています。

結果  -効果のある製品はなにか?-

接触時間1分(手指の洗浄や拭き取りを想定)で不活化効果が認められたもの

・かんたんマイペット(原液)
・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液)
・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液)
・クイックル Joan シート(絞り液)
・クイックル Joan 除菌スプレー(原液)
・食卓クイックルスプレー(原液)
・セイフキープ(絞り液)
・トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液)ハンドスキッシュ EX(原液)
・ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)
・ビオレ u 薬用泡ハンドソープ (3 倍希釈)
・ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液)
・ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3 倍希釈)
・ビオレu手指の消毒液(原液)
・リセッシュ除菌 EX プロテクトガード(原液)

接触時間1分(手指の洗浄や拭き取りを想定)で不活化効果が認められなかったもの

今回の研究で対象となった製品の中では、なし


接触時間10分(選択や器具の洗浄を想定)で不活化効果が認められたもの

・アタック高浸透リセットパワー(3.5g/L)
・アタック ZERO(3000 倍希釈液)
・クリーンキーパー(100 倍希釈)
・ワイドハイターEX パワー液体(100 倍希釈液)
・ワイドハイターEX パワー粉末(5.0g/L)
・ワイドマジックリン(10g/L)

接触時間10分(選択や器具の洗浄を想定)で不活化効果が認められなかったもの

・アタック 抗菌 EX スーパークリアジェル(1200 倍希釈液)

エタノール濃度と不活化効果について

水道水で濃度を調整した 10%、30%、50%、70%、90%のエタノールの不活化効果を検討しています。

接触時間1分の場合

不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール

接触時間10分の場合

不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール

 

以上より、多くの製品で不活化効果があることがわかりました。また、エタノールでは50%以上の濃度であれば1分間の接触時間で十分な不活化効果があるということでした。一方で30%以下では10分間接触させても不活化できないことがわかりました。今回、各種消毒液や洗剤等のウイルスに対する不活化効果が実験的に証明されたので、安心して使用することができますね。これからも手洗いをしっかりとして対策していきましょう。

参考文献:医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について