禁煙には電子たばこがよい?

禁煙には電子たばこがよい?

本日は医学の雑誌で一番メジャーで、一番レベルの高いところから発表された論文を紹介します。禁煙において、電子タバコとニコチン代替薬のどちらが1年の禁煙率が高いかというものです。

イギリスにて、ニコチン代替薬を提供される群と電子たばこキットを提供される群をランダムに割り付けて検討されています。週1回の行動療法も少なくとも4週間行われています。

886例に対して検討されています。1年禁煙率は電子たばこ群で18%、ニコチン代替薬群で9.9%でした。1年の時点で禁煙を継続していた例で、電子たばこ群では与えられた製品を使用していた割合がニコチン代替薬提供群よりも高かったです。症状においては、口腔刺激症状が電子たばこのほうがおおかったですが、吐き気、咳、痰などの症状は電子たばこのほうが少なかったようです。息切れは両群に差はなかったとのことです。

これらのことから統計学的に、電子たばこのほうが禁煙効果が高かったことがわかります。禁煙に苦しんでいる方も多いと思いますし、治療もまちまちな事が多いと思います。このような非常に強い雑誌でこの結果が報告がされたのは非常に興味深いと思います。統計も、ランダムに割り付けるというのは信頼度の高いものです。

少しでも参考になればと思います。

The New England Journal of Medicine: Feb 14, 2019 Vol. 380 No. 7