子供にも使える、便秘の救世主?

子供にも使える、便秘の救世主?

便秘で苦しんでいる方、多いんではないでしょうか。逆に医師に「便秘ですね」といって出された薬を、訳も分からず飲みはするけど便がでない とか、飲むと出る だとか様々だと思います。
ここでは便秘薬についてと、今回の新薬について話していきたいと思います。
まず今回の新薬はPEG製剤(ポリエチレングリコール製剤:モビコール)というものです。浸透圧性下剤に分類されます。下剤にはどのような分類があるのかは次のとおりです。


※マグコロール・ラクツロース・モニラックは大腸内視鏡検査前に飲む下剤として使用されますので常用薬ではありません。

日本でおそらく一番使われているのは酸化マグネシウム(マグラックス、マグミット)だと思います。これらは副作用が非常に少なく、とりあえず最初の一手として大昔から使われているからです。しかし、腎機能が悪い患者さんへも漫然と投与してしまうと、高マグネシウム血症になる可能性があります。これは、尿に十分酸化マグネシウムを排泄することができず体内に蓄積してしまうのです。マグネシウムが多くなると、致死性の不整脈が出現したりすることもあり、医師としては必ず避けなければならない合併症です。

一方でこのモビコールですが、アメリカでは非常にシェアを占めているようです。こちらも同様に副作用が非常に少ないことがポイントですが、加えて成分にマグネシウムが入っていないため、腎機能が低下している方への処方として非常に使いやすいことが期待されます。

これまでは腎機能が悪い方へは、プルゼニドやラキソベロンといった腸を刺激するような薬剤を使用することが多かったですが、便失禁を起こしたり腹痛を訴えたり、極稀ですが場合によっては腸管穿孔をきたしたり などやや副作用が懸念されることもあります。近年はアミティーザやグーフィスなどの新薬はたしかにありますが、薬価の問題もあります。軽度の慢性便秘であれば、副作用がより少ないモビコールが使えることはメリットとなりそうです。

また、2歳以上の子供にも使用できることが特徴的です。子供の慢性便秘もしばしば見られますが、子供の場合は大人のように使える薬が多くないです。副作用が少ないという点は特に小児科領域では好んで使えるのではないでしょうか。

近年は慢性便秘ガイドラインも調整あされ、リンゼスやグーフィスといった新薬も使用できるようになってきています。アミティーザも良い薬だと思いますし、私もよく処方しますが、やや効きすぎる方がいたり吐き気を訴えたりする方もいて、人それぞれに合わせた下剤処方が医師に必要な知識となってきています。

詳しい作用機序などは割愛しましたが希望があったら別途まとめたいと思います。

EAファーマ株式会社より

https://www.eapharma.co.jp/news/2018/0921.html